印刷は方式と用紙選びから

広告

基本的な印刷方法を知ろう

フライヤー印刷をする場合には、まず印刷方式を知ることから始めるのが一番です。印刷する枚数によっても最適な方法は変わりますし、用紙が変われば仕上がりもコストも大きく変わります。イメージ通りに仕上がらない、せっかくのデザインが活かされないという失敗を避けるためにも、まずは製作前に勉強が必要ですね。主な印刷方法についてまとめておきましょう。まずオフセット印刷ですが、油性インクを使用した印刷方法です。色が綺麗に出るのでフライヤー印刷ではよく用いられる方法。最初に版を起こす必要があるので、基本的に大量印刷をする場合に適しています。次にオンデマンド印刷は、刷る部数が少ない場合に適した印刷方法です。トナーを使ったオンデマンド印刷機を使って刷る方法で、印刷と言うより質の高いコピー機のようなもの。版が要らないので数10枚から安く刷ることが可能で、1枚1枚内容を変えるバリアブル印刷にも対応しています。インクジェット印刷は、家庭用プリンターでも使用されている印刷方法です。こちらも少部数に適していて、大判のフライヤー印刷などに適しています。シルクスクリーン印刷は、あまりフライヤー印刷には用いられることはないかもしれませんが、プラスチックなどにも印刷出来るのが特長。かなり大きな面をべた印刷する場合などに適しています。用紙はつやのあるコート紙やつやのないマット紙のほか、クラフト紙なども使われます。斤量(厚み)を変えることでアピール度もコストも変わりますので、出来れば一度見本を見て決めるといいですね。

PICK UP

広告

印刷は方式と用紙選びから

フライヤー印刷をする場合は、印刷の種類とそれぞれの特徴を知って、一番効果的な印刷方法を採用することが大切です。また、用紙にも種類がありますので、仕上がりのイメージを確認することが重要。斤量(厚み)を変えることでコストも変わります。

印刷

きちんと確認作業を行う

フライヤー印刷業者を利用する際には、しっかりと事前に各種の確認事項をチェックすることが大切です。フライヤー印刷業者の多くは、各種の問い合わせ対応を行っており、事前に見積もりなども提出してくれるのでとても便利です。

印刷

人気の理由や魅力

フライヤー印刷する時には専門業者に依頼した方がメリットがあります。用紙の種類も豊富ですし、自分の理想に近いフライヤーを作ることができます。フライヤーは完成度によって印象を左右するので、完成度の高いものを作るためにも業者に依頼すべきです。